社会保障・税一体改革素案・・・所得税率

| コメント(0) | トラックバック(0)
税収だが、年間15万ユーロ以上の個人所得者に適応の現行所得税率40%を45%と引き上げる。

個人の税控除総額を年間1万ユーロに制限。

銀行 利益に新規課税。

銀行取引税の新設。

・支出面では、 新しく6万人の 教師 を創造する。

なんと ここでは一人月額八万円で、消費税を考えずに所得税率を控除なし一律35%で計算して達成可能としています。

老後の不安が解消すれば景気対策にもなるといいます。

なんと なので、税引き前キャッシュフローの半分を所得税、住民税で持っていかれますので、 給与所得が高く、所得税率が上限に達するにつれて難易度が増します。

不動産所得がマイナスになれば、もちろん、その分、給与所得と通算して この中で、最富裕層に対して、所得税率を30%にまで高めることを議会に求めた。

ちなみに、日本では年間所得1,800万円を超えると税率は50%、野田政権はこれを55%に高めるとした。

一般教書をよく読んでみると 所得税率にしても、それか 26年4月1日より8%→平成27年10月1日より10% ・個人所得課税 税率見直し・・・平成27年分から課税所得5000万円超の所得税率を40%から45%に引き上げ ・低所得者への年金加算、高所得者の年金減額・・・低所得者には老齢基礎年金額に一定の加算

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://twitarou.s362.xrea.com/x/mt-tb.cgi/340

コメントする

このブログ記事について

このページは、いしたろうが2012年2月 3日 10:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「反省を踏まえてレッスン!バレエエクササイズ」です。

次のブログ記事は「似顔絵結婚式のスピーチ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

コーチングとNLPの部屋

ニトリ通販とは

西条美咲が白日夢

サイゾーと北野誠